年中無休
2016年08月21日
ブログ

ホームページをどこの製作会社に依頼するか。ドリームハウス株式会社

不動産ホームページはどこの会社に依頼するか。

宅建免許申請も終わったのでホームページをどこに依頼するか悩んでいます。情報発信という意味では大差が無いと思うので、ポイントは不動産会社のやりたいことを理解している会社のソフトを使いたいと考えています。ワードプレスも良いとは聞きますが自分のスキルに自信が持てないため製作会社に依頼したいと考えています。

 不動産会社のホームページ選び。

ホームページ選びの要望ポイントは3つに絞って。

1.物件写真を多く掲載したい。

2.操作性がいいこと。

3.月額使用料を抑えたい。

いまやネットで何でも選ぶ時代。不動産会社のホームページはどこも写真が少ないものばかりなので、物件写真を何枚でも載せられて入力作業にストレスを感じないソフトを探しています。それにランニングコストがかかるのはNGです。

 

①いえらぶクラウド

株式会社いえらぶGROUPさんが提供するソフトです。

多くの不動産会社に利用されています。不動産業者では『いい生活』とならびメジャーなソフトのひとつです。以前勤めていた会社でも使っていたので、導入後に使い方で困ることは無さそうです。物件入力や管理機能やポータルサイトへの連動できることなど機能豊富なソフトです。不動産業全般に使えますが、オプションを加えると月額料金が高額になってしまいます。それから掲載できる写真枚数に制限があり、加えて基本利用料だと機能制限をかなり受けることが判明。結局それなりの費用を掛けないと効果は薄いと感じて導入は断念しました。

②@dream

リングアンドリンク株式会社さんが提供するホームページ製作ソフト。同社社長が執筆されている著書を読んだのがきっかけです。『インターネット不動産経営 勝つための11のセオリー』など、ネット不動産関連の著書を執筆されています。かなり特徴的なホームページで、希望条件登録されたお客様へのマッチングメールが出来るのが魅力的です。業者さん同士の勉強会もあったりして、導入に前向きでしたが、5年間のリース契約(システム買取)をしなければならないのがネックで導入は止めました。

③ドリームX

ホームページ導入には費用を掛けるしかないのかと諦めかけていたとき、同業者の友人にドリームワン株式会社の中野忠社長をご紹介いただきました。『@dream』の開発者(考案者)だったと聞いて驚きました。中野社長ご自身も不動産会社を経営されていて、不動産会社の立場でシステムを運営されているのが大変心強く感じました。条件を満たしていたドリームワン社のドリームXを導入することに決めました。ホームページ導入にご協力いただきました、中野社長はじめドリームワン株式会社のスタッフ様これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。当社ホームページをご覧のお客様でご意見ございましたらご遠慮なくお申し付け下さい。

 

ドリームハウス株式会社

伊藤哲鎬

https://dream-house.co.jp/

この記事を書いた人
伊藤 哲鎬 イトウ テツタカ
伊藤 哲鎬
お部屋探しの際、こんな経験はございませんでしたか?『おとり広告に引っかかってしまった』『申し込むまで帰らせてくれない…』『他で決めたので断りづらい…』『何を話せば良いかわからない』。 この様に、ほとんどの不動産会社は自社の利益を優先する中で、お客様の都合や希望は二の次になっています。 弊社ではその様なことは一切行わず、ご紹介出来るお部屋は全てご案内して、気に入るお部屋が見つかるまでトコトンお付き合いいたします。 希望のお部屋が見つかれば『室内採寸』や『ゴミ出し曜日の確認』『夜道・通学路の動画撮影』など、安心して入居できるお手伝いをさせていただきます。 いつでもご遠慮なくお声掛け下さい。
arrow_upward